「美徳」とは人間に備わったときに善き特質となる。それはつまり気品、正義、誠実など社会に価値のある性質である。
しかし美徳への渇望はときに人々を罪に導き、対するもの同士を際立たせる。
「正義と悪」「光と闇」それからコインの裏表のように表裏一体なのだ。
今回のOliによる新作コレクションはそのような美徳への渇望による「罪」との表裏一体の部分を人々の真理と捉え、「防食」「色欲」「強欲」「嫉妬」「怠情」「憤怒」「傲慢」の7点からなる7つの大罪をテーマにしたコレクションとなっております。